スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
カブトニオイガメ飼育の3年間をふり返る
JUGEMテーマ:水ガメ

大きい方のカブトニオイガメが9月で幼体から飼育して3年が経過しました。



現在、甲長は14センチ程度かと思われます。
同じく幼体から飼育開始した小さい方のカブトニオイガメも、あと1ヶ月ほどで1年になります。

 

現在の飼育環境は下の画像。



120センチ水槽に仕切りを入れて2匹を別居。

さて、飼育3年と言えば「けっこう長い」期間でしょうか・・
(ミシシッピニオイガメは10年になりますが)

この3年間をふり返ると、一言で言えば「簡単・手間いらず」ですね。

基本的に年中、加温飼育で水温は25度前後に維持しUVライトは最初の1年のみ。
エサは人工飼料なら何でも食べます。
陸場は未設置。

カメを、これから飼育しようと考えてみえる方には「最初に飼うカメ」として十分にお勧めできます。
ミシシッピニオイガメも同様ですが、もう少し特徴のあるカメが良いのであればカブトニオイガメなら大きな頭、短い四肢、尖った甲羅等、見た目も少し風変わりです。

今日は以上。。
| razorback | 11:09 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 11:09 | - | - | pookmark |