Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
カブトニオイガメの紫外線要求量についての考察
JUGEMテーマ:水ガメ



ニオイガメ・ドロガメ系の情報は一般的なクサガメ、ミドリガメ(アカミミガメ)に較べると少ないですね。
ニオイ・ドロ系を昔から飼育している方は試行錯誤の連続だったようです。
私自身もニオイ・ドロ系では無いのですが、20年くらい前ですと「カメの飼育」情報自体が少なく紫外線ライト一つでもトゥルーライトと呼ばれる弱いUVBを発する器具がメインであり冗談では無く、「殺菌灯」(UVC)も短時間照射であれば効果は絶大などと言う情報が、まかり通っていたものです。

さて、現在はニオイガメの情報も簡単に得られるようになり飼育の基本は1冊手元に飼育書があれば飼育自体も難しいことでは無くなりました。
(未だ不明な点、未分別種等も多いのですが)

その中でカブトニオイガメを飼育するにあたり用意して欲しい本が「ニオイガメ・ドロガメの医・食・住」
でしょうか。
他にもクリーパーと言う専門誌「9号、10号」はニオイガメ・ドロガメの特集で参考になりますが現在は入手が困難な模様。

画像の本は定価が1380円。
今(2009.6現在)でも入手は可能です、カメのことを想うなら是非1冊手元に置いて欲しい。
(別に私の手にお金が入るわけでも無いのですが、飼育する上でお勧めです)

内容はニオイ・ドロ系に特化され若干、商業主義的なニオイもしますが文字通り、ニオイガメについての「医」(病気の解説)、「食」(エサの種類、与え方)、「住」(飼育環境)について必要と思われる事は全て書かれています。

中でも、カルシウムとリン、ビタミンD3の関係などはニオイガメでなくとも知っておくべきです。



上の画像はゾウガメです。
この大きな身体を維持するのは大変でしょうね。
水族館で飼育されてるので健康そうです。
特に、飼育下で甲羅を美しく保つのは大変だと思います。

これを踏まえてカブトニオイガメと紫外線について少し考えてみます。

我が家ですと飼育10年になるミシシッピニオイガメについて紫外線要求量が少ないと私は思っていますが、これは成体に関してであり幼体の場合は「???」です。
現在我が家で幼体と言えばカブトニオイガメ(1年経過)がいますが、半年くらいはUVライトを使用していましたが現在はUVライトは点けていません。

「孵化後1年未満の幼体の場合、紫外線の照射不足から「代謝性骨疾患」(ようはクル病のこと)になり甲羅や手足が変形してしまう事がある。」

と、ニオイガメ系の飼育書などにも書いてあるので「基本は忠実に守る」べきかな?と思って途中までは実行してました。
おそらく、最初から無くても普通に育つような気もしますが大切なペットを実験道具にしたくは無いから・・苦笑



例えば、ミシシッピニオイガメの場合ですと飼育後から4〜5年は一応UVライトを設置していました。
それ以降は適当(笑)
ここ1年ほどは直射日光どころか間接的な日光すら当たらない場所に飼育容器を置いています。
現在、3年が経過したカブトニオイガメ(大)の方は飼育1年後からミシシッピニオイガメと同じような環境で飼育していますので最初の1年以降は、ほぼ日光(UVB)とは縁がない状態でしょうか・・
自然下では、カブトニオイガメはミシシッピニオイガメより日光浴を好むようです。(主に甲羅の形状から体温上昇のため・・とも言われていますが)

つまり、我が家の場合ですと紫外線を沢山照射(人工光)したのは圧倒的にミシシッピニオイガメの方が多いことになりますが、一般的にはカブトニオイガメの方が紫外線要求量は多いと言われてる気がします。
それでも我が家のカブトニオイガメは元気ですよ^^



現在、この2匹は2週間に一度くらいのペースで飼育容器の水換えをする際に暖かく天気が良ければ30分程度(それ以下かもしれない)ベランダに出すだけですね。

ここで一つ、我が家の場合と言う限定付きですが結論。

「カブトニオイガメはけっこう紫外線要求量が低い。一応、幼体から1年まではソフトUVB(2.0)等を用意しても、それ以降は特に必要では無いかもしれない」

 と、しておきます。

では、紫外線と密接な関係にあるカルシウムってど〜なの?・・と。

まず、普通に甲羅干しをするカメについては以前に私が書いた「カメと紫外線」を参照してください。

カルシウムとリンをバランス良く摂取し、紫外線(UVB)に当たることでビタミンD3が体内で作られるわけです。

レプトミン等の人工飼料であれば栄養のバランスは良くカメに必要なリン、ビタミン等は含有されています。
犬・猫用のエサですとリン、ビタミンDは過剰摂取になるようです。

カルシウムとリン、ビタミンD3、紫外線は微妙な関係があり、何が不足しても困るし、何が過剰になっても困る。(体調を崩す)

このあたりのバランスが非常に難しいようですね。

不足しがちなカルシウムを補う場合はリン、ビタミンD3を含まないカルシウム剤が良いでしょうか。
ビタミン剤系も過剰に与えるのは避けるべきですね。

これはカブトニオイガメでも同じかと思います。

・・なんですが、紫外線を多く必要としないカブニが、どのようにビタミンD3を得ているか?



私では分かりません^^;

ただ、私が想像するに自然下でもカブトニオイガメってのは体内でD3を生成する代わりに「捕食物」から得ている・・が妥当ですよね?

カブトニオイガメが特別なワケじゃない、カメですから、作らないなら「獲る」。

で、あれば飼育下で配合飼料のみ・・と言うのは栄養的にマズイ。

紫外線要求量が少ないぶん、飼育下でも生餌への依存度は高くなる・・・
(サプリも良いのですが分量バランスが分からない)
そんな気がします。

我が家の場合ですと、基本は配合飼料ですがメダカ、タニシ、エビ等の生餌も適度に(こればかりだと配合飼料を食べなくなるから困る^^;)与えています。

室内飼育でもUVライトは必須では無い。
代わりに、エサはバリエーション豊かに与えるべきかな?

で、今の所はこれで元気です。
| razorback | 10:58 | - | - | pookmark |
飼育下でカブトニオイガメが好む水深
 自然下でのカブトニオイガメは水深が1〜2メートル程度の、やや深いところを好むが飼育下でこの条件を満たすことは難しい。

室内飼育であれば高さ60センチの水槽が限度ではないだろうか。

我が家の場合でも甲長13センチ程度のカブトニオイガメ、3センチ程度のカブトニオイガメを飼育しているが水深は、せいぜい20センチくらいである。

 

以前、大きな方のカブトニオイガメが甲長4センチ程度の頃に水深を30センチくらいにした事があるが、水底にいることが多く良く動いた記憶がある。



室内飼育で自然下の模倣をすることは難しいので、このあたりは各自で調整するしかないかと思われる。

我が家のミシシッピニオイガメは甲羅が隠れる程度の水深でも比較的活発に「動く」が、カブトニオイガメの場合は水深を、ある程度とり立体的に動けるようにした方が見ていても楽しい。



現在の飼育環境だと上の画像、左側に仕切ってあるカブトニオイガメ(小さいサイズの方)が体長に比べ水深が取れているため活発に動く。

本来なら自然下と同じく、最低でも1メートル程度の水深が欲しいところだが飼育下では無理。

今後は個体に合わせ、「出来るだけ」水深をとってあげたいと思う。
| razorback | 09:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
自然下でのカブトニオイガメ
 我が家では現在2匹のカブトニオイガメを飼育中ですが、どちらもCB(繁殖もの)です。



野生のカブトニオイガメが好む生息環境は泥や砂、腐食した植物等の柔らかい堆積物があり水生植物が繁茂し、日光浴のできる場所が多く、多少とも水流のある場所。

わりと水深のある場所を好み1〜2メートル程度のやや深い場所に多く、水底での生活に適している。

食性は肉食・貝食メインとされていたが、実際には成体の食性は幅広く、ある胃内容物の調査では容積にして、水生昆虫(42.9%)、貝類(24.3%)、水生植物(16.6%)、動物の遺骸(10.6%)、甲殻類(2.8%)、両生類(2.5%)の順で多かったようです。

(クリーパーNo.9より抜粋)

水生昆虫が半数程度で甲殻類(エビですね)は僅か2.5%と言うのは少し意外です。

今日は以上。
| razorback | 10:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カブトニオイガメと冬眠
 手持ちの飼育書に、こんなコラムがありました。

冬眠の必要性

飼育下のカメは野生とは異なる環境に置かれ、体内ホルモンの分泌、1日のバイオリズム、年間における周期性等、あらゆる面で野生下個体との差異が生じる。

屋外飼育で温度、湿度、日照等の人為的なコントロールを行っていない場合に限り冬眠を勧める。

屋内飼育の場合、繁殖を目的としないなら冬眠には賛成しない。
前述したような差異から冬眠が大きな負担になる事もあるから。

菅野宏文:著書


これ、著者の言葉を借りるまでもなく普通に考えれば分かりますよね?
例えば、3年目の我が家のカメが冬場に脱走したとします。
多分、生きては行けないでしょう。



カメの冬眠と繁殖には密接な関係があると言われています。

冬眠しなければ繁殖しないわけでも無いようですが、カブトニオイガメに関してはペア飼いで「産卵はするものの孵化には至らない」と言う記述があります。

繁殖が目的であれば、屋外飼育の方が可能性は高いようですね。
| razorback | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カブトニオイガメの食性
 カブトニオイガメの食性は幅広く、手持ちの本には自然下での成体の胃内容物の検査をしたところ、
容積にして

・水生昆虫:42.9%
・貝類   :24.3%
・水生植物:16.6%
・動物遺骸:10.6%
・甲殻類 :2.8%
・両生類 :2.5%

と言う内容との事。



飼育下でのカブトニオイガメを観察すると、お世辞にもエサを獲るのが上手いとは言えない。

特に浮上性のエサなどは口を開けると水圧でエサが逃げて?しまい食べるのに苦労している。

タニシやラムズホーンといった貝類は上手く食べることができてもミナミヌマエビや小魚(メダカ等)は捕食できないことが多い。



これを見ると上のデータに納得できる。
| razorback | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カブトニオイガメの生息地・気候を調べる。
カブトニオイガメの生息地であるオクラホマ州について日本の気候と比較してみる。

オクラホマ州はほぼ北緯34〜37度の間に位置しており、東京や大阪などと同じ。

オクラホマシティの気候は、四季の変化のある温暖湿潤気候に属しています。
年間平均気温は15.6度ですが、夏はメキシコ湾からの風が吹くため湿度が高く非常に暑くなり(2006年には43度以上が数週間継続)、冬には北風が強く吹き氷点下の日もあります。
オクラホマシティの気温が最も高くなる7月には平均最高気温が34.1度になり、最も寒くなる1月には平均最低気温が-3.8度まで低下します。
年間降水量は847.3ミリメートル、年間降雪量は230ミリメートルです。
冬にはブリザードが一回もしくは二回発生します。気温が氷点下よりも下がることがありますが、概ね一週間程度しか続きません。3月から8月の時期に天候不順になることが多く、4月と5月は悪天候になる確率が高いです。

引用:http://www2m.biglobe.ne.jp/ZenTech/world/infomation/kion/usa_oklahomacity.htm

カブトニオイガメのオクラホマ個体群は3〜11月の年間310日前後が活動期間である。
冬眠期間は2ヶ月以下の地域が多く、冬期でも温度が上昇すれば活動している姿が目撃される。

一方、日本の東京では、

東京の気温は8月上旬頃が最も高く1月下旬頃が最も低く、高い時期と低い時期で約20度の温度差があります。
また、梅雨時期には一時温度の低い時があります。
東京の年平均気温は、15.9℃で札幌(8.5℃)に比べ7.4℃高く、那覇(22.7℃)に比べ6.8℃低くなっています。
夏期は那覇と同じく30℃を越えます。30℃を越える日数は年間45.6日あり、那覇の85.3日比べ約半分ですが、35℃以上の日数は年間1.9日に比べ那覇では0日と暑い日が多くなっています。

東京の降水量は、梅雨時期や秋雨・台風の時期を中心に多くなっています。
年間降水量は、東京では1467mmであり、札幌(1128mm)に比べ多いですが、金沢(2470mm)や那覇(2037mm)に比べて少ないです。また、八丈島(3127mm)に比べても少ないです。冬期間では、冬型の気圧配置となることが多く、東京では年間で最も少ない時期となります。一方北陸では降水量が多くなります。

引用:
http://www.tokyo-jma.go.jp/sub_index/tokyo/kikou/tokyo_kiko.html

つまり、日本の東京とオクラホマ州を比較した場合、年間降水量など異なる点はあるにせよ意外に似ている点が多くカブトニオイガメを屋外で飼育するぶんには東京であれば問題なく飼育できそうである。

| razorback | 08:15 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
カブトニオイガメの紫外線要求量
 カブトニオイガメの紫外線要求量については、必要・不要と意見が分かれる。

爬虫類情報誌・クリーパー9号によれば、自然下のカブトニオイガメの場合、

「本種はニオイガメ属の中で最も陸上での日光浴が観察されることが多い種で比較的大型で高い甲羅を持つため体温の上昇に時間がかかることが原因と考えられる」

と言う記載がある。

「低水温期には主に昼間活動すると言うデータがあり、その時期は日光浴する姿が目撃されることも多い」

紫外線云々と言うよりは単に活動目的で体温を上げていると感じますね。


我が家の場合、幼体から1年経過くらいまでは一応ソフトUV(UVB2.0)タイプの紫外線ランプを設置することにしています。

2年半以上が経過した大きい方のカブトニオイガメの場合、かれこれ1年半以上の期間を室内でUVB波長が得られない場所に飼育容器を設置していますが今のところ、調子が悪くなることは無く、甲羅の成長も順調です。



水換えの時、天気が良ければ外のベランダに出しますが、せいぜい30分〜1時間程度。
2週間に1度くらいのペースです。

これは、どちらかと言えば「皮膚病予防」のために乾燥させることが目的。

今のところ、私は「カブトニオイガメには紫外線は必ずしも必要では無い」と考えています。

最初の1年だけUVランプを設置するのは、「一応・念のため」と言う意識からですね。



画像は水換え中に外へ出してあるカブトニオイガメとミシシッピニオイガメ。
| razorback | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カブトニオイガメ飼育の水深


 画像は我が家の大きい方(幼体から2年半以上が経過)のカブトニオイガメ。
甲長は13センチ程度。
現在、水槽で飼育しているが水深は15センチ程度にしている。
ベアタンク(底に何も敷かない)で浅場は特に設けていません。

飼育本などでは「甲羅が隠れる程度」の水深と書いてある事もある。
もしくは水深を深めに取り、立体的に活動できるように勧めていたりもする。

実際、このカブトニオイガメが小さい時には今よりも深い水深で飼育していた事もあります。

底凄生活に向いているタイプのようで泳ぎはそれほど得意では無いように見えるが水深が深いからといって恐がる素振りはしません。

自然下では1〜2メートルの深さを好み生息するようです。

時々、熱帯魚水槽で混泳させているのを見るが、ある程度の浅場(休憩し呼吸しやすい)が確保できれば、それもアリだと思う。

我が家の場合はカブトニオイガメが両脚で立ち、首を伸ばせば呼吸できる水深が15センチくらいなので現在はこの状態で飼育しています。

浮上性のエサ(レプトミン等)を与える場合は水深が深いと食べにくいように見える。
本来は水底のエサを漁るタイプなので浮上性のエサを食べるのは苦手な模様。

仕切り
| razorback | 08:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |