Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
カブトニオイガメのエサ(人工飼料)各種
 我が家で与えている(過去に与えていたものも含む)カブトニオイガメのエサを紹介します。
これらが主食で副食には生餌(シジミ、メダカ、昆虫、鳥のレバー等)を与え、栄養のバランスを考えています。

テトラ・レプトミン

主にミドリガメ・ゼニガメ用に開発された消化吸収に優れたペレットタイプの浮上性フード。
ミドリガメ・ゼニガメなどが必要とするすべての栄養成分、ミネラルをバランスよく配合していますので、
かめの健全な成長を促進します。
丈夫な甲羅の形成に役立つカルシウム強化配合。

ミドリガメ・ゼニガメ用に開発されたようですが水棲のカメなら普通に問題なく育つでしょう。
我が家のカメもこのエサが主食です。

エーハイム リッチスティック

よい餌だからよく食べる。よい餌だから水を汚さない。
よい餌だから原料にこだわる。すべてはカメを健康に育てるために。

・水棲カメ用(みどりがめ、ゼニがめ等)のえさです。
 小さなかめには適当なサイズ(半分くらい) におって与えてください。
・かめの成長に必要なビタミン類、ミネラルをバランスよく含み、消化吸収しやすいえさです。
・甲羅の形成に必要なカルシウムを強化配合しています。

エーハイムと言えば外部フィルターのイメージが強いのですが我が家のカメは非常に「食い」が良いです。(シュリンプミール配合だから?)
エサ自体はレプトミンよりも固い感じで色は緑かかったペレット。
値段はレプトミンより安く長期に渡り主食としての実績が出ればお勧めのイチオシでしょうか。

テトラレプトミン スーパー

嗜好性の高い天然エビを贅沢に配合したことにより、偏食傾向の強いかめの主食として、
また元気のないときの栄養補助食として最適です。
カルシウム、ビタミンD3強化配合により、丈夫で美しい甲羅の形成。
ビタミンA強化配合。
浮上性、スティック状で食べやすい。

我が家のカメにこれを与えたところ、普通のレプトミンには見向きもしなくなってしまった。TT
エサの色が赤っぽく、崩れやすいので水の汚れが目立ちますがカメは喜んで食べます。
値段も普通のレプトミンよりスーパーですが・・笑


カメプロス
  • 飼育水の汚れと臭いをおさえる
    カメの飼育で気になる水の汚れと臭いを善玉菌と茶葉とのダブル効果でおさえます。
    また、適度に固い粒が食べ散らかしによる水の汚れを減らします。多くのカメにはエサを食いちぎる習性があります。カメプロスは適度に固いため、食べ散らかしによる残餌がおさえられます。
  • カメの健康な成長をサポート カメの食性に合わせた栄養バランス
    水質が悪化しやすく、サルモネラ菌などの悪玉菌が増えやすい環境で飼育されることが多い水棲ガメの健康に配慮し、腸内で有益にはたらく、生きた“善玉菌”を配合。カメの腸内環境を整え、健康な成長をサポートします。
    カメプロスが必要とする栄養分を全て含んでいる完全栄養食です。カメが吸収しやすい乳酸カルシウムとビタミンD3を強化配合。さらにビタミンEとビタミンCが抗酸化作用によって水質悪化などから受けるストレスを緩和します。
評判が良いようなので2009.7月に購入してみました。
カメのお腹に優しいと言うキャッチフレーズが斬新ですね。
小粒タイプを購入したので少し粒が小さかったかも^^;
効果は、まだ分かりませんが我が家のカメは問題なく食べました。



ひかり胚芽 沈下(中粒)

ひかり胚芽は、栄養価が高く、しかも消化・吸収しやすい小麦胚芽を高比率で配合した錦鯉用飼料です。低水温でも消化に負担をかけない配合で、消化不良による体調の悪化を防止します。

消化吸収が良さそうな軟らかい粒状のエサです。
浮上性のタイプと沈下性のタイプがありますがニオイガメ系のカメには沈下性が食べ易いようで我が家のカメも食べますが食べカスが多く出ますね、軟らかいと。

スイミー小粒

○当歳魚に最適な小粒タイプ。
○優れた栄養バランスで成長期の錦鯉を丈夫に育てる。

粗たんぱく質37.0%以上、粗脂肪2.5%以上、粗繊維3.0%、粗灰分11.0%以下、水分11.0%以下


こちらも鯉用のエサで浮上性ですが我が家のカメには好評です。
少し匂いが強いのでカメも好むのでしょうか・・
硬めのエサで崩れにくいので水を汚さないのですが食べカスは粉状に残ります。
レプトミンに比べて「粗脂肪2.5%」と脂肪分が抑えてある(レプトミンは4.5%)のでダイエット用に我が家では与えています。


教材乾燥川エビ(カメのごほうび)

カルシウムがいっぱいの天然川エビ100%ですので、カメの甲羅が丈夫になります。
川エビの風味を生かしたフリーズドライ加工ですので、カメがよく食べ、栄養たっぷりです。

エビのみと言うことで主食には向きませんがカメが喜んで食べます。
我が家ではテトラ社から出ているテトラガマルスより安く、嗜好性も高いです。
おやつ程度に与えるか、食欲の落ちている時に与えると良いでしょう。


ランチュウベビーゴールド

特殊原料の効果で、天然飼料に負けない、すばらしい肉りゅうが発達します。
口が下向きのらんちゅうに合わせた柔らかい沈下性です。
良質蛋白に各種栄養素をバランス良く添加していますので、成長が早く、素晴らしい金魚に育ちます。

見てのとおり、金魚用のエサです。
粒の大きさはレプトミン顆粒くらいでしょうか・・
沈下性のエサですので我が家のカメには評判が良いようです。
栄養的にはカメ専用では無いため、なんとも言えませんが我が家のカメは食べます。



配合飼料の成分比較をしてみます。
どれも成分的には大差が無いような気もしますが・・・笑

ひかりクレストタートル

健康な体を維持するために、それぞれ目的を持った3種類のスティックをミックスして、
雑食性のカメが必要とする特有の栄養バランスに配慮した水棲カメ専用フードです。

黄色の粒:タンパク質、ビタミンA、D3など、カメの健康な成育に必要な成分をすべて配合した主食スティックです。
緑色の粒:体内に吸収されやすい乳酸カルシウムを豊富に配合して、正常な甲ら形成に不足しがちな成分を補います。
赤色の粒:甲殻類から抽出したキトサンを強化配合し、健康な体を維持します。

3種類の色粒が入っていますが、特に好みの色があるわけでもなく普通に食べます。
水中で粒が崩れにくく水が汚れない利点がありますが、レポトミンほど「食い」は良くないような・・


配合飼料の成分比較をしてみます。
どれも成分的には大差が無いような気もしますが・・・笑


商品名 粗タンパク質 粗脂肪 粗繊維 粗灰分 水分 その他
テトラレプトミン 39%以上 4、5%以上 2%以下 15%以下 9%以下
テトラレプトミンスーパー 47%以上 7%以上 4%以下 15%以下 9%以下
キョーリン カメのえさ 38%以上 3%以上 4%以下 12%以下
ひかりクレストタートル 40%以上 7%以上 2%以下 11%以下 10%以下
ランチュウベビーゴールド 46%以上 6%以上 5%以下 15%以下 10%以下 りん:1、2%以上
ひかり(大粒)鯉用 36%以上 3%以上 5%以下 13%以下 10%以下 りん:1%以上
エーハイムリッチスティック 41%以上 4%以上 2%以下 11%以下  6%以下


と、まぁ保証成分のみを見れば、やはり大差はありませんでした・・ ^^;

では、使用原料を少し記載してみます。

テトラレプトミン 穀類、フィッシュミール、イースト、植物性タンパク質、各種ミネラル、軟体動物及び甲殻類、リジン、レシチン、各種ビタミン
リッチスティック フィッシュミール、植物性タンパク質、酵母、シュリンプミール、油脂、ミネラル類、ビタミン類
ひかりクレスト

フィッシュミール、小麦粉、大豆粕、とうもろこし、ビール酵母、グルテンミール、槽糠類、
オキアミミール、魚油、でんぷん類、小麦胚芽、かしこ、海藻粉末、
乳酸カルシウム、カロチノイド、キトサン、スピルリナ、ガーリック、アミノ酸、
消化酵素、各種ビタミン、各種ミネラル、安定型ビタミンC

金魚用

フィッシュミール、小麦粉、オキアミミール、魚油、スピルリナ、海藻粉末、ビール酵母、
カロチノイド、消化酵素、ガーリック、アミノ酸、各種ビタミン、各種ミネラル、安定型ビタミンC

コイ用

小麦粉、フィッシュミール、大豆粕、糟糠類、グルテンミール、ビール酵母、ガーリック、
アミノ酸(L-グルタミン酸ナトリウム)、ビタミン類(A,D3,E,K,塩化コリン,C,B5,B2,B1,B6,B3,葉酸,ビオチン)、
ミネラル類(Fe,Mg,Zn,Mn,Co,Cu,I,Se,P,食塩)、食用色素(青1,黄4)

結論:内容を見る限り、大差なし。カメの嗜好に合わせて与えれば良いかと・・ もちろん、カメ専用のエサが望ましいのは当然。(専用だから)

| razorback | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カブトニオイガメの食性と栄養素

我が家のカブトニオイガメは再三書いていますが人工飼料(レプトミン等)が主食です。
他に生餌としてメダカ等の小魚やタニシ、エビ、昆虫類。
人間用の食材として鳥のレバーや時々ですが刺身など。

カメでも栄養バランスはとれていないと体調を崩すでしょう。
特に、カメの場合はカルシウム、リン、ビタミンD3と紫外線の関係は有名です。
ちなみに、カブトニオイガメの場合は紫外線(UVB)の要求量は少ないと考えられますので逆に体内で作られるビタミンD3を他のエサから摂取する必要が高いと予想されます。



ここで、学生時代の「おさらい」

栄養素とは?(主な物のみ)

タンパク質、脂質、炭水化物は三大栄養素と呼ばれますし、カリウムやマグネシウム等はミネラルと言われビタミン類と同様に微量ながら身体には必須の成分であると同時にミネラル、ビタミンは体内で作られることは少ないために食物から摂取する必要があります。

以下、簡単に説明。 

 1:タンパク質 三大栄養素の一つで身体を動かすエネルギーになると同時に身体を作る成分でもある。
 2:脂質 三大栄養素の一つで身体を動かすエネルギーになると同時に身体を作る成分でもある。
 3:炭水化物 三大栄養素の一つで身体を動かすエネルギーになると同時に身体を作る成分でもある。
 4:ナトリウム 「塩」のこと。身体の体液を構成する重要な要素であり主に身体のPHバランスを保つ役割。
 5:カリウム ナトリウムと共に細胞レベルで身体のバランスを保つ。
 6:カルシウム 骨や、カメなら甲羅も形成する。
 7:マグネシウム 通常は骨に含まれ神経系や血液系のバランスを整える。
 8:リン カルシウムの代謝に関係するが過剰摂取には注意が必要。
 9:鉄 主に赤血球を作る役割があり不足すると貧血になる。
10:亜鉛 細胞を活性化させ生殖力に関与する。
11:銅 鉄を運搬し、骨の形成にも関与するが過剰摂取では肝機能障害をおこす。
12:マンガン 糖質、脂質の代謝に関与する。
13:ビタミンA カメの飼育では不足すると「ビタミンA欠乏症」と呼ばれる。視覚に大きく関与する。
14:ビタミンE 老化予防。
15:ビタミンD カルシウムとリンの吸収を促進し、不足するとカメでも「くる病」になる。
16:ビタミンK 血液の凝固作用に関与。
17:ビタミンB1 不足するとバテる。重症の場合は「脚気」となる。
18:ビタミンB2 三大栄養素を体内でエネルギーに変換する役割。
19:ビタミンB6 不足すると皮膚炎や口内炎、貧血、脂肪肝になる。
20:ビタミンB12 血液の活性化や神経伝達作用に関与。
21:葉酸 赤血球細胞の形成を助けたり、血液をつくる役割。
22:ビタミンC 身体の抵抗力を高め、不足すると抵抗力が下がってカゼなどの病気にかかりやすくなる。
| razorback | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
エサの量
 現在、我が家では大きな方のカブトニオイガメは2〜3日に1回。
小さいカブトニオイガメは1日1回の頻度でエサを与えています。

大きな方のエサの量は



フタはレプトミン(大じゃない方)。
今回はスイミー(鯉のエサ)6割:レプトミン3割、乾燥エビと言う感じ。
少しエサを絞りダイエット中です。



これに、メダカが1匹(竹製のピンセットで直接与える)



そして、画像真ん中くらいにある青いハート形をした陶器製の皿に鳥のレバーを少々。



普段与える人工飼料は、だいたい画像の4種類+α で回しています。



あまり人慣れしないのですがエサの時には寄ってきます。

小さい方のカブトニオイガメは毎日、レプトミンの小(粒)を食べるだけ与えます。



生餌は2日に1回くらい。

これで順調に成長中。
| razorback | 08:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
人工飼料・成分比較
 
商品名 粗タンパク質 粗脂肪 粗繊維 粗灰分 水分 その他
テトラレプトミン 39%以上 4、5%以上 2%以下 15%以下 9%以下
テトラレプトミンスーパー 47%以上 7%以上 4%以下 15%以下 9%以下
キョーリン カメのえさ 38%以上 3%以上 4%以下 12%以下
ひかりクレストタートル 40%以上 7%以上 2%以下 11%以下 10%以下
ランチュウベビーゴールド 46%以上 6%以上 5%以下 15%以下 10%以下 りん:1、2%以上
ひかり(大粒)鯉用 36%以上 3%以上 5%以下 13%以下 10%以下 りん:1%以上
エーハイムリッチスティック 41%以上 4%以上 2%以下 11%以下  6%以下


保証成分のみを見れば、やはり大差はありません。

では、使用原料を少し記載してみます。

テトラレプトミン 穀類、フィッシュミール、イースト、植物性タンパク質、各種ミネラル、軟体動物及び甲殻類、リジン、レシチン、各種ビタミン
リッチスティック フィッシュミール、植物性タンパク質、酵母、シュリンプミール、油脂、ミネラル類、ビタミン類
ひかりクレスト

フィッシュミール、小麦粉、大豆粕、とうもろこし、ビール酵母、グルテンミール、槽糠類、
オキアミミール、魚油、でんぷん類、小麦胚芽、かしこ、海藻粉末、
乳酸カルシウム、カロチノイド、キトサン、スピルリナ、ガーリック、アミノ酸、
消化酵素、各種ビタミン、各種ミネラル、安定型ビタミンC

金魚用

フィッシュミール、小麦粉、オキアミミール、魚油、スピルリナ、海藻粉末、ビール酵母、
カロチノイド、消化酵素、ガーリック、アミノ酸、各種ビタミン、各種ミネラル、安定型ビタミンC

コイ用

小麦粉、フィッシュミール、大豆粕、糟糠類、グルテンミール、ビール酵母、ガーリック、
アミノ酸(L-グルタミン酸ナトリウム)、ビタミン類(A,D3,E,K,塩化コリン,C,B5,B2,B1,B6,B3,葉酸,ビオチン)、
ミネラル類(Fe,Mg,Zn,Mn,Co,Cu,I,Se,P,食塩)、食用色素(青1,黄4)


こちらも大差は無いようです。
| razorback | 08:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カブトニオイガメの主食(人工飼料)
 我が家のカブトニオイガメ2匹は人口飼料を主体に与えています。

幼体(半年経過)の方は1日に1回。

こちらのテトラ・レプトミン。

このエサはカメ飼育の定番で一応、これのみを与えていても育つようだが人工飼料の場合は特に子ガメの場合、数種類を交互に与える方が良いらしい。
これは、カメの食性が成体になると頑固になり普段から食べ慣れていないものを食べなくなるから。

仕切り

2年半が経過した大きい方のカブトニオイガメは与える間隔は2日に1回。

主食は、やはりレプトミンだが鯉用のスイミーと言うエサも与えている。
配合成分を見ると、レプトミンに近いこともあるし何故かショップなどではスイミーを与えていることが多いと聞くので・・・
多分、ショップのように多くのカメを扱っているとエサ代もかかるからだと思われる。
しかし、レプトミン主体で与え続けた時は少し肥満気味の体型になったがスイミーを主体に切り替えて半年ほど経った時点で肥満が改善された。
栄養的にはカメ用のレプトミンに劣るのかもしれない。

他には、キョーリン・ひかりクレスト・キャット。
レプトミンには栄養分を上げた?レプトミン・スーパーと言うエサがあるが、我が家の場合、食べてくれない。
そこで、似たような配合成分のキャット(肉食魚用)を与えたところ喰いが良いので時々与えている。

仕切り

正直、人工飼料のみでカメが健康に育つとは思えないが例えば発売されてから長年になるレプトミンのみで長期飼育されている方もいるし、クサガメにドックフードで20年近く与え続け飼育した例も本で読んだ記憶もある。

バランスの取れた人工飼料は単一飼料(乾燥エビ等)よりも優れているのは当然だと思うが、やはり「人工」は「人工」なわけで、気分的には生餌も与えたいものだ。

当然、我が家も主体は人口飼料だが副食として時々は他のエサも与えています。

一応、今回は、人口飼料について触れてみました。
| razorback | 08:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カブトニオイガメ(幼体)のエサやり
 

カブトニオイガメ(幼体)の飼育衣装ケース。
上の画像、左下の部分はレンガが置いてあり「浅場」になっています。
エサを与える時は、この浅場にプラケースを置きカブトニオイガメを移しエサが食べ易い深さに調節。



このような感じでプラケース内にエサ(今回はテトラ・レプトミン・ミニ)を入れておけばカブトニオイガメも楽に食べる事が出来る。

食べ残しは同居中のミナミヌマエビが掃除してくれます。

飼育容器が小さく、水換えを頻繁にしなくてはいけない場合、「エサやり場」を別にすることで水の汚れが減り、水換え頻度を延ばすことも可能になりますね。

今の所、我が家のカブトニオイガメは、この状態に慣れたこともありエサを食べます。

最後に、大きさ比較。
| razorback | 08:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カブトニオイガメのエサ
 

幼体のカブトニオイガメ。

現在は毎日1回、テトラレプトミンを主体に鳥のレバーなどを与えている。

水深を少し深くしているため、給餌時には別の狭いプラケースに幼体を移す。

普段は衣装ケース内のアナカリスなどの下に隠れている。
おかげで人慣れはせず、エサの時も人間が見ていると食べないことも多々ある。

それでも空腹には勝てないようで時々、爆食するから面白い。

同居中のミナミヌマエビなどを食べているかは不明。

この大きさのカブトニオイガメを床に置くとゴキブリと間違えるくらいのスピードで突然走りだす。
私の妻が、面白がって毎日試しているようだ。
| razorback | 08:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |