Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
カブトニオイガメの飼育本
 ニオイガメ・ドロガメ系の情報は一般的なクサガメ、ミドリガメ(アカミミガメ)に較べると少ないですね。
ニオイ・ドロ系を昔から飼育している方は試行錯誤の連続だったようです。
私自身もニオイ・ドロ系では無いのですが、20年くらい前ですと「カメの飼育」情報自体が少なく紫外線ライト一つでもトゥルーライトと呼ばれる弱いUVBを発する器具がメインであり冗談では無く、「殺菌灯」(UVC)も短時間照射であれば効果は絶大などと言う情報が、まかり通っていたものです。

さて、現在はニオイガメの情報も簡単に得られるようになり飼育の基本は1冊手元に飼育書があれば飼育自体も難しいことでは無くなりました。
(未だ不明な点、未分別種等も多いのですが)

その中でカブトニオイガメを飼育するにあたり用意して欲しい本が「ニオイガメ・ドロガメの医・食・住」
でしょうか。



他にもクリーパーと言う専門誌「9号、10号」はニオイガメ・ドロガメの特集で参考になりますが現在は入手が困難な模様。

画像の本は定価が1380円。
今(2009.6現在)でも入手は可能です、カメのことを想うなら是非1冊手元に置いて欲しい。
(別に私の手にお金が入るわけでも無いのですが、飼育する上でお勧めです)

内容はニオイ・ドロ系に特化され若干、商業主義的なニオイもしますが文字通り、ニオイガメについての「医」(病気の解説)、「食」(エサの種類、与え方)、「住」(飼育環境)について必要と思われる事は全て書かれています。

中でも、カルシウムとリン、ビタミンD3の関係などはニオイガメでなくとも知っておくべきです。



インターネットは情報を得るのに便利な反面、「責任の所在」については無責任です(笑)
私自身も、このブログを通して情報を発信してはいますがネットの情報は話半分程度で参考にするくらいの気持ちで見て欲しい。

カブトニオイガメはそれほど飼育が難しくもなく、幼体で健康な状態であれば元気に育ちます。
但し、基本的な知識が無ければ強い(丈夫)なカメでも元気に飼育することは難しい。

知識と日々飼育する経験の積み重ねが「命をあずかる」と言うことにつながります。

是非、安易な情報に流されずお互いに頑張って飼育して行きましょう。
| razorback | 16:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |